研究者以外にも普及済

パソコンで作業

一般人にとってはなかなか聞き慣れない言葉となる構造解析や流体解析という技術は、今では研究者だけのものではありません。
コンピュータの性能が向上したことも有り、一般企業の商品設計者などがそういった技術を利用することも増えてきました。
特に構造解析や流体解析を今まで扱ったことがなくても、CAEに向けたソフトが多数リリースされています。

それによって、商品開発は更に高いレベルへ推し進められることになります。
業務の合間に少しでもこれらの研究技法について学ぶことで、さらに上のステップへ進むことができるようになるでしょう。

とはいっても、その研究技法を素人がいきなり学ぼうというのはかなり難しいことです。
そのため、専門家によるセミナーが多数開講されています。
そのセミナーを受講することによって、更に技術レベルを高めるための知識の獲得が可能です。

いきなり導入したり受講したりすることに不安があるならば、体験セミナーによって内容や空気感を確認する事も可能です。
東名阪を始めとした日本各地で開講されているため、受講することに立地的な負担はかかりにくいといえます。
体験セミナーを受講した後は、学びたい内容をセミナー提供業者に相談してみると良いです。
そうすれば、対応できる内容であればセミナーを組み立ててもらうことも可能です。
実際にそのセミナーを組み立てるにあたっての、予算的な見積もりだけでも対応してくれます。
ですから、社内技術の向上のために投資する感覚でセミナーを検討するのはひとつの手段です。

判断するものの違い

構造解析

構造解析と流体解析、その違いはまず解析対象に有ることは明らかです。
そして解析対象が違えば、解析した後に記述するべき内容も違います。
更には、対象の特性や発生する現象にも違いが有るため、同じような研究分野であれど全く別物だといえます。

特に、構造解析と流体解析で大きく違ってくるのはせん断応力に対する変化です。
前者の場合、一定のポイントで力が釣り合うためその時にせん断変形は止まります。
それに対して、後者はどこまでも変形は止まりません。
静止するときは、せん断応力が無くなった時だという特徴があります。

よって、扱い方が全く違うものであるという認識が必要となります。

時にアウトソーシング

流体解析

構造解析や流体解析の技術は、現在ではCAEソフトウェアが普及したことによってかなり一般層にも広まるようになってきました。
それによって、研究職ではない人間が試算を行うことが可能にもなってきています。

とはいっても、実際にその試算を行うにあたってはCADによる立体モデルを作ったり、図面から計算用のモデルを作ったりする必要があります。
そのモデルを作った後、構造解析を行うのに必要なメッシュ化という作業が必要になります。
このメッシュ化という作業をどのようにして行うかによって、計算結果はかなり変わることが有ります。

当然ながらメッシュ化を細かくすれば、より細かな数値が算出できるようにはなります。
しかしながら、応力特異点と呼ばれる力のかかる部位の設定であったり、フィレットモデルやピン角モデルの選択など、数値の算出のために検討するべきことは多岐にわたります。
モデルの設計にしても、梁モデルと呼ばれる基本構造だけのモデルにするのか、板モデルと呼ばれる梁に肉付けを行ったものにするのか、また立体モデルにするのかという選択が必要です。
かかる時間や労力の点など、いろんな部分から研究方法の検討が必要になるため計算ソフトを使いこなすにも習熟が必要です。

手に負えないレベルの計算が必要ならば、その計算を行うための外部コンサルタントを利用するという選択肢もあります。
アウトソーシングすることによって、計算する時間をカットしたり正確な計算を獲得したりすることができます。