シミュレーション技術

インターフェイス

開発した商品の耐久性や変化を知るためには、従来では試作品を完成させてそれに対する実験を行う必要がありました。
しかしながら、そのようなやり方では試作のためにかかるコストや時間、そして人件費が膨大なものとなってしまうことは言うまでもありません。
だからこそ、理論上のシミュレーションを行う必要があります。

そのための技術としてはまず力学的な計算式が発明されて、その式から計算することが行われたりしていました。
他にも、平面図を活用して図面からシミュレーションすることも行われてきました。
しかしながら現在ではソフトウェアもハードウェアも進化して、現物を作ったかのようなリアリティで計算を行うことが出来るようになっています。
平面だった図面を立体に置き換える、CAEと呼ばれる技術が登場して以降はコンピュータ上で分析を行うようになりました。
その分析の手法としてCAEに含まれるものが、構造解析や流体解析です。